子供が産まれたら学資保険がおすすめ 選び方と利率について

子育て1

大切な子供が産まれたら学資保険に入りましょう。ここでは、学資保険に加入した方が良い人、学資保険の選び方、また利率や返戻率よりも大事なことについて説明します。子供は産んで終わりではありません。子供の未来を考えるついでに、学資保険についても考えてみませんか?将来、子供に奨学金という名の借金を背負わせるのはもうやめましょう。

学資保険に加入した方が良い人とは

学資保険に加入した方が良い人、それは貯金が苦手な人です。貯金が苦手で手元にお金があるとつい使ってしまう人には是非お勧めします。子供の将来の教育費を半ば強制的に貯金することができます。いわゆる先取り貯金です。

また、生命保険料控除の対象にもなりますので、年末調整で還付金があります。そして、両親に万が一の事があった時の死亡保障にもなります。両親が万が一亡くなったとしても、子供に教育資金を残すことができるのです。

学資保険の選び方

学資保険にも様々な種類があります。

学資保険の選び方として大事なポイントは、万が一の保障内容と保険料が支払われるタイミングです。両親に万が一の事があっても子供が満足な教育が受けられる様な金額設定と必要なタイミングが合った保険を選びましょう。

利率や返戻率には拘らなくても良い

学資保険の利率や返戻率はかなり低いです。正直、どの保険を選んだところで大きな差にはなりません。上述の保障内容と保険料が支払われるタイミングの方が大事なのです。おすすめは18歳以降から数年間分割で受け取れる保険です。

なぜなら、学生にまとまった資金は渡さない方がいいと考えられるからです。

学資保険にデメリットはあるのか

学資保険にもデメリットはあります。まず、上述の通り返戻率が低いです。最近はマイナス金利の影響でかなり返戻率が低くなっていて、100〜105パーセントくらいの保険が多くなっています。

イメージすると190万支払って200万受け取れるくらいです。

また、途中解約すると元本割れする場合がほとんどになります。急に大きな支出があったり、生活環境の変化等で収入が減り支払いが厳しくなったりして解約する場合は元本割れとなってしまいます。

他のデメリットは

他のデメリットには、契約時の固定金利の為にインフレに対応できないこと、保険会社が倒産しても全額保護されない可能性があることが挙げられます。

最後に

学資保険は返戻率が低くなっていることもあり、不要だと言う人もかなりいます。しかし、貯金としても保障としても非常に優秀です。確かに収入に余裕があり、他に死亡保障が充実しているならば必要はないのかもしれません。

ですが、貯金が苦手だったり将来に不安を抱えていたりする人にとっては有効な保険です。子供の為にも自分の家庭にメリットがあるかどうか考えてみてください。

関連サイト⇒学資保険 ランキング ... 加入者が語る!学資保険のメリット・デメリットhttps://if-gakushihoken.com/